[ 演奏解説 ]

オリジナル

Key=G

BPM=60~63

サビで叫びたかったのでKey=Aに短3度上げでやりました。

Aメロ頭など原曲ではIM7 – I7と動いていますが

ボクラノカイシャクでは

7thの音をルートにして動かしました。

進行感は強くなると思います。

また歪んだ音でもわかりやすくしました。

ギターは

Aメロ ブリッジミュート

サビ    ストローク

と弾き分けています。

ドラムは

歌詞に合わせ、枯れたような、マットな音色を意識。

全体的に8分をしっかりと刻む、the 8ビート曲

スネアの音色のトーンを少しだけ落とし

歌詞の世界観を押し出す。

この曲での2ビート部分(035)では

ハイハットにし、ミニマムにタイトさを出すことによって

曲のトーンを表現する。叩き方も柔らかく。

この場合の16分ハネ(150)パターン

前ノリで軽さ&タイトにシンプルに

16の刻みを押し出しました。